ビタミンCでニキビ跡を治す

ビタミンC

傷ついた肌を元のなめらかな肌にするのにビタミンCは欠かせません。

これは言い換えるならニキビ跡の治療にはビタミンCが必要不可欠だということです。

スキンケア用品においてビタミンCは「ビタミンC誘導体」というかたちで含まれています。

ビタミンC誘導体とは体内に摂取することで酵素反応などが起きることでビタミンCとなるもので、ビタミンCをそのままの形で摂取するよりもずっと安全かつ大量に摂取することができるので肌にとって効率が良いです。

ビタミンCは健康に対して好影響が多いため色々な食品・薬用品・飲料などで見かけますが、そのままの形だと分子構造が不安定で壊れやすいため十分な量を摂取するのが難しいです。

また、化粧水などの美容液にビタミンC成分を使おうとしても皮膚は水溶性の成分を弾きやすいという特徴があるので、構造が水溶性ではない誘導体の形で摂取するのが好ましいです。

ビタミンC誘導体入りのコスメを使おう

ビタミンC誘導体の成分が含まれている化粧水を使うことでニキビ跡の早期治療に期待することができます。

肌つけた当初はビタミンC誘導体の形を保ったままですが、しばらくすると新鮮なビタミンCとなって肌の奥の真皮まで浸透します。

ビタミンC誘導体は主にリン酸Lアスコルビルマグネシウムとリン酸Lアスコルビルナトリウムがあり、これら2つともに、

  • ニキビ跡の赤みを防ぎ元の肌色に戻す
  • ニキビ跡の色素沈着を防ぎ元の肌色に戻す
  • ニキビ跡の凸凹クレーターを作りにくくする
  • 皮脂の過剰分泌を抑える
  • コラーゲンの発生を促進する

といった効果があり、どれもニキビ・ニキビ跡の治療の時にはありがたい効果ばかりです。

ビタミンCを配合している化粧水でおすすめなのが、リプロスキンです。

Copyright(c) 2013-2017 自宅でニキビ・ニキビ跡を簡単に消す方法ガイド All Rights Reserved.