ニキビは3種に分類できる

ニキビは症状によって3段階に分けることができます。

  • 初期……白ニキビ
  • 中期……黒ニキビ
  • 後期……赤ニキビ

この呼び方はそれぞれニキビの見え方によって分けられています。

つまり、簡潔に言えばニキビの見た目が目立つようになればなるほど症状は深刻になっていくということです。

ニキビは基本的に自然放置では治りません。

症状の段階が進んで手遅れになる前に適切な治療を施すことが大事です。

白ニキビとは

白ニキビは毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまい、それらが外に出ることがないまま盛り上がり、見た目で白く点になって見える状態を言います。

白ニキビはニキビのできはじめのことで、まだ皮膚が炎症していない状態です。

そのため、この段階で処理すると肌にまったくのダメージを与えず、生活に支障をきたすこともまったくありません。

だから、見かけたらすぐさま刺激を与えないようにして治療しましょう。

気になったからといって触ってしまうとそこから細菌が入ってしまう可能性があるので、触れずに優しく治すことが大事です。

黒ニキビ

黒ニキビは鼻や鼻筋、鼻の脇にできやすいニキビで、白ニキビを放置しておくとこのニキビが発症します。 これは毛穴が開きかけている状態で、そこに溜まった汚れが黒く見えることが由来です。

この状態のニキビになっている人は多いので、ニキビと言われればこの黒ニキビを思い浮かべる人も多いです。

皮脂は油分でできているため汚れが付着しやすく、それが毛穴に詰まってしまうために黒い点として見えてしまうのです。

ただ、これは汚れが原因で黒く見えているだけであり、肌自体はまだ炎症していません。

赤ニキビ

赤ニキビは白ニキビ・黒ニキビの状態で、皮脂を好む細菌が毛穴の中で繁殖することによって、皮脂の中のタンパク質を刺激し炎症が引き起こされた状態です。

赤ニキビの炎症は赤く腫れて痛みを伴ったり、膿が溜まってできてしまうという症状を引き起こす可能性があります。

そして、この症状が肌の周りや肌の奥の真皮を傷つけてしまい深刻なニキビ跡を招くのです。

そのため、赤ニキビはニキビの中でも最も重い症状であり、早期治療が必要です。

Copyright(c) 2013-2017 自宅でニキビ・ニキビ跡を簡単に消す方法ガイド All Rights Reserved.