ニキビを悪化させない洗顔方法って?

正しい洗顔

ニキビ跡ができる原因は色々ありますが、どれもニキビ肌が悪化したことがそもそものきっかけであることが多いです。

そして、ニキビ肌が悪化する一番の理由は「ニキビを潰してしまうこと」です。

厳密に言えばニキビは毛穴に詰まった皮脂や汚れに雑菌が付着し、アクネ菌が繁殖してしまうことでできてしまうもので、このアクネ菌を無くそうと洗顔することでニキビを潰してしまうのです。

洗顔はニキビを発生させないための大事な予防策ですが、同時にニキビを潰して炎症させてしまう可能性のある行為です。

そのため、正しい洗顔方法を知ることがニキビの予防にも対策にも繋がるのです。

正しい洗顔方法と間違った洗顔方法

「ニキビを潰してしまう」もしくは「ニキビ肌を加速させてしまう」ような洗顔方法は以下の通りです。

  • 毎日2回以上の過度な洗顔
  • 圧迫するような強い洗顔
  • 泡立てないような洗顔

このような洗顔は肌を綺麗にするどころかかえって傷つけてしまいます。

「毎日2回以上の過度な洗顔」は顔の皮脂を皮脂や汚れを洗い落としすぎてしまうので、肌の防護機構を失ってしまいます。

洗顔フォームの泡立て方

実はある程度の皮脂は肌の潤いを保ち細菌の浸食を防ぐためのバリアの役割を果たすのです。

その皮脂をすべて落とすような洗顔はニキビができやすくしてしまうだけです。

「圧迫するような強い洗顔」と「泡立てないような洗顔」は肌を強く刺激するような洗い方となってしまうので、結果的に炎症を促してしまいます。

以上のような洗い方はニキビ肌に優しくないので決してしないようにしましょう。

ニキビの予防・対策に繋がる洗顔は以下のような洗顔です。

  • 蒸しタオルで毛穴を開いてから洗顔する
  • 洗顔料をよく泡立ててから洗顔する
  • ぬるま湯で洗った後、冷水で肌を引き締める
  • 肌の上で泡を転がすようにして洗顔する
  • しっかりと洗い流す

以上のようなことに気を付けると余剰分の皮脂や汚れだけが削ぎ落され、ニキビ予防・対策に繋がります。

一番重要なのは最後の「しっかりと洗い流す」ことで洗った後の洗顔料が背中や胸元に付着すると背中ニキビや大人ニキビの原因となってしまうので注意が必要です。

Copyright(c) 2013-2017 自宅でニキビ・ニキビ跡を簡単に消す方法ガイド All Rights Reserved.