ニキビ跡は一生もののキズ!?

ニキビ跡に悩む人の数は年々増えていっています。

これは大人ニキビに悩む人の数が劇的に増えてきたからです。

以前よりもしっかりとした治療法が確立しているので、今では綺麗にニキビ跡を消すことができます。

ニキビ跡ができるメカニズムは、この症状を切り傷に例えると分かりやすいです。

鋭い刃物で切った綺麗な切り傷と複雑に皮膚を裂かれた切り傷では残る痕が変わってきます。

前者は組織の結びつきが早く、また少しかさぶたを作りますが基本的に傷跡は時間放置で消えていきます。

しかし、後者の場合、組織の結びつきが遅いため回復が遅く、またかさぶたができたとしても盛り上がってしまい傷跡が色濃く残ってしまいます。

この後者の状態がニキビ跡です。

ニキビ跡の種類

ニキビ跡はその症状によって治療の難度が変わってきます。

以下が代表的なニキビ跡の種類です。

  • 肌が赤みを帯びる、赤ら顔になる
  • 肌が紫もしくは茶色に色素沈着する
  • ケロイド状に盛り上がる
  • 凸凹のクレーター状に盛り上がる

これは下にいくほど症状が重くなっていき、「凸凹のクレーター状に盛り上がる」はニキビ跡の代表例として語られることが多いですが、実は最も深刻な症状なのです。

凸凹クレーターができる段階までいってしまうと治療が困難になってしまうので、少しでも不安要素を感じたらクリニックで相談しましょう。

相談を受けるだけなら費用は必要としないことがほとんどです。

その相談の結果、もし何らかのタイプのニキビ跡ができかけているようなら「自宅治療」や「クリニック治療」などの方法でニキビ肌改善に努めましょう。

もちろんニキビ跡は自分で消すことも可能です。

しかし、正しいスキンケアであったり、ニキビ跡に対してしっかりした知識をつけていないとニキビ跡を治すことはできません。

自宅でできる簡単ニキビ・ニキビ跡ケア方法が下記サイトで紹介されています。

ニキビ跡の原因

ニキビ跡の原因は症状によって変わってきますが、以下のような点が共通しています。

  • ついニキビを潰してしまった
  • 残業続きで寝不足だった
  • ニキビがあるのに肌が炎症を起こした

このように一見するとバラバラの原因にみえますが、「肌の奥の層(=真皮)にダメージを与える行為」という共通点があります。

この真皮を傷つける行為こそがニキビ跡ができる原因なのです。

そのため、ニキビ跡の治療には真皮をケアして、ターンオーバーを正常に戻すことが必要です。

Copyright(c) 2013-2017 自宅でニキビ・ニキビ跡を簡単に消す方法ガイド All Rights Reserved.