ニキビについて

ニキビとは思春期にできることが多い吹き出物なことから、よく「青春の証」のように扱われています。

この思春期にできる主な理由はホルモンバランスの乱れや新陳代謝の関係で肌が不摂生になりやすいからですが、ここ近年では20代や30代といった大人になってからニキビに悩む人も増えてきています。

ちなみにこの20代以降にできるニキビのことを大人ニキビといいます。

ニキビがひどくなると、もしくは間違った治療を施してしまうと皮膚が炎症を起こしたり、色素が沈着したり、ひどくなると凸凹のクレーター状に変形してしまうニキビ跡ができてしまいます。

ただでさえニキビで悩んでいた状況が悪化してしまうので、多くの人から敬遠されています。

ちなみにニキビというのは正確には10代の男の顔面に発生するものをさし、それ以外のものは吹き出物や出来物と指す言葉でしたが、

  • 20代以降でも発症する人が出てきた
  • 女性でも悩む人の数が増えてきた
  • おでこ以外の色々な部分でも発症するようになった

ことからかつてのようなくくりは存在せず、全て一括りにしてニキビと呼んでいます。

ニキビは生活に支障をきたす

「ニキビって別に放置しても良くない?」

そう考えている人は少なくありません。

肌は炎症し、場合によってはひどいニキビ跡ができることもありますが、健康状態が損なわれることはありませんし、ましてや命にかかわることなど一切ありません。

そのため、治す手間を惜しんで治療や予防・対策を怠る人は少なくありません。

しかし、ニキビ・ニキビ跡は人に不快な思いをさせます。

そもそも、ニキビ・ニキビ跡ができるということは肌が不潔・不衛生ということであるため、あまり好ましくないのです。

男性にしろ女性にしろニキビがある人よりない人の方が交換を持てるというデータも出ており、これは友達付き合い、仕事関係、恋人すべてにあてはまります。

つまり、ニキビがあると人間関係に支障をきたしやすいのです。

勿論、人によってはニキビなど気にしないという人もいますが、そういった人の割合はごく少数です。

ニキビ・ニキビ跡を早急に治して、外見で左右されない清潔さを演出しましょう。

Copyright(c) 2013-2017 自宅でニキビ・ニキビ跡を簡単に消す方法ガイド All Rights Reserved.